脱衣所の狭さは生活の満足度を著しく下げる!

2020年04月14日

注文住宅を設計したり既に建てられている家を購入する場合は、脱衣所の広さを確認する必要があります。家を設計したり購入する際は部屋の広さや浴室の広さに注意が向けられやすくなりますが、脱衣所のスペースは見落としがちです。もしも脱衣場が狭すぎると利便性が悪くなり、場合によっては日常生活が著しく不便なものとなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

脱衣所は入浴時に衣類を脱いだり着用するための場所ですが、別の重要な用途でも用いられます。この場所には洗面所が設置されますし、洗濯機が置かれます。入浴時だけでなく、歯磨き・ヘアセット・髭剃り・洗濯などの際に朝から晩まで一日中使用する場所です。脱衣所では洗濯や身だしなみを整えるといった作業をしなければならないので、物を出し入れしたり手足を動かすためのスペースが必要です。ドライヤー・ヘアアイロン・電気シェーバー・電動歯ブラシの充電をする際は、コンセントを使います。

脱衣所は狭いスペースで多くの作業をする必要があるので、動線を考慮して広さ・洗濯物を置くスペース・洗面所や洗濯機の位置などを決めることが大切です。電源コンセントが不足したり不便な場所に配置すると、ドライヤーや電気シェーバーを使う際に支障が出てしまいます。脱衣所で動線を考慮せずに洗濯機や洗面所を設置してしまうと、洗濯や洗顔・歯磨きなどの際に使い勝手が悪いせいで普段の生活が著しく不便になってしまうでしょう。脱衣所が狭すぎて1人用のスペースしか確保されていないと、洗濯と洗面で2人の人がバッティングしてしまう恐れがあります。

この場所を設計する場合は、2人の人がそれぞれ洗濯と洗面器を同時に使用することができるように配置することができます。例えば洗面器と洗濯機を横一列に配置すれば、お互いに邪魔になることがありません。浴室の近くに洗濯物を置くスペースと洗濯機を配置すれば、浴槽内の水を洗濯に使用したり入浴の際の移動距離を短くすることができて便利です。朝に洗面所で髪の毛を整えることを考慮して、十分な明るさの照明を確保するようにしましょう。脱衣所のスペースが狭い場合は、玄関や廊下などのように別の場所にも手洗いのスペースを追加する方法があります。

家を建てたり購入する場合は浴室だけでなく、途中の脱衣所にも注意を払うようにしましょう。この場所はキッチンやトイレと同じように、朝の洗顔から夜の入浴・歯磨きまで常に使用するための大切な作業場所だからです。

関連記事
中古の一戸建てなら費用がかなり抑えられる!

一戸建て住宅を新築する場合は自分のライフスタイルや好みに合わせて自由に設計ができるというメリットがありますが、多額の費用がかかってしまいます。予算の制約がある場合は、新築ではなくて中古の一戸建て住宅を購入する方法があります。中古住宅は築年数や床面積がさまざまですが、上手に選べば新築よりも大幅に費用を

2020年05月28日
ハウスメーカーってどこに依頼するのが良い?

新築の一戸建て住宅を手に入れるために、建売の物件を購入する・土地を購入した後に地元の工務店やハウスメーカーを選ぶ、の2通りの方法が考えられます。質の高い住宅を手に入れる場合は、建売ではなくて自分でハウスメーカーを選んで注文をする必要があります。日本には多くのハウスメーカーがあり、有名ブランドから低価

2020年02月03日
収納スペースが一番後悔しやすいポイントと言われる理由

ホテルなどの宿泊施設で一時的に滞在するだけであれば、収納スペースを気にする機会はありません。これに対して毎日生活する住宅は、日用品や家電製品などを収納するための場所が必要になります。収納スペースは住宅の使い勝手の良し悪しを決める要素のひとつで、失敗すると一番後悔しやすいポイントと言われているほどです

2020年03月25日
騒音トラブルが与えるストレスは計り知れない!

人は普段の生活で入浴や食事をしたりパソコンを操作したりテレビを観ますが、休んだり睡眠のための場所も必要です。静かな環境で睡眠をするための場所を確保することも、家の大切な役割のひとつです。周囲の騒音が大きいと睡眠に支障をきたして不眠症になってしまったり、日常生活でも大きなストレスを感じることがあるので

2020年04月30日
インターネットで実際に家を建てた人の体験談を調べよう!

品物やサービスを購入する際に、インターネットのSNS・まとめサイト・ブログで実際に利用した人の体験談・失敗談などを参考にすることができます。安い品物であれば失敗しても少額の損失で済みますが、住宅は高額な買い物なので失敗すると大きな損失を被ることになります。マイホームを建てる場合は工務店や住宅メーカの

2020年03月06日
危険!マイホームの費用をケチるとどうなる?

マイホームを建てる際は、予算に応じて建材や設計の点で自由に選ぶことができます。例えば、高級品を使用すれば鉄筋コンクリートの建物に匹敵するほどの断熱性・耐火性・耐震性を高めた住宅を設計することができます。逆に安物の建材を多く使用したり柱や壁を減らすことで、少ない費用で住宅を建てることも可能です。建築基

2020年02月16日